Anety

教育・人材・医療・福祉の分野を得意とするPR会社です。

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

ワールドカップとPR

2014年5月13日

,

サッカーワールドカップ開幕まで、あと1カ月になりました。昨日、日本代表メンバーも発表され、これからますます盛り上がりそうですね。サッカー好きとしては、寝不足の日が続きそうです。

各メディアでもワールドカップや開催地・ブラジルの情報が増えていますが、既にワールドカップにちなんだ商品販売やイベントを実施している企業も多いですね。

ちょっと調べただけでもこんなに…もはやに書ききれないくらいです。

ブラジル料理風の味のカップ麺
“ブラジル”をテーマにしたチョコ
TV観戦向けピザセット
ピッチ風iphoneケース
・応援フラッグ制作
・日本代表戦を一緒に見る「パブリックビューイング婚活」
・動物園の動物たちがユニフォームを着てサッカー

などなど…

時流に合った情報を提供することは、PRにおいて大切ですが、一大イベントに合わせるとライバルもたくさん…。時流「+α」の面白さが、より求められそうです。また「なぜこの会社・団体がワールドカップにちなんだことをするのか?」意味づけや意外性も重要となりそうですね。

商品開発のように、いちから作り上げることは難しくとも、少し視点を変えれば、ワールドカップにちなんだPR施策が見つかるかもしれません。

[okazaki]

粋な江戸スタイルのヨガが登場

2014年4月22日

読売新聞の都内版に、ちょっと変わったヨガの紹介がありました。

葛飾北斎の絵に登場する人物のポーズを真似する『北斎ヨガ』が最近話題になっているようです。お江戸の身体を体験することができる・・・とのことですが、言われてみれば、北斎の絵の中には、ヨガに近いポーズをしている人物がいるようにも見えます。

ヨガブームの影響で様々なスタイルのヨガが登場していますが、ヨガと北斎を組み合わせる斬新なスタイルは、さすがに思いつきませんでした。

『北斎ヨガ』の体験講座は人気でいつも満員だそうです。

この記事を読んだときに、以前話題になった「けんちく体操」をふと思い出しました。これは建築史の米山勇さんが発案したもので、“建築物のカタチになりきって模写する”体操のこと。自分なりにからだで表現していくものなので、同じ建築物でもAさんとBさんで違うポーズになってもかまわないそうです。世界各国、歴史的な建築物から最新の建築物まで色々ありますが、特に人気なのは「東京タワー」だそう。

このように、絵の中の人物や建築物などを自分の体で表現するという発想はとてもおもしろいですね。そして、誰でも簡単にできてしまうというところが、話題になるちょっとしたポイントかもしれません。

『北斎ヨガ』を思いついたきっかけは、北斎漫画がテーマのイベントで作品を眺めていたところ、「これはヨガにできそう」と思ったそうです。広報のお仕事も、様々なところにアンテナを張って、話題づくりを考えていきたいです。

[makabe]

お電話・メールフォームでのお問い合わせはこちら

  • 03-6421-7397 平日10:00~18:00(土日祭日を除く)
  • お問い合わせ

PAGE TOP