Anety

教育・人材・医療・福祉の分野を得意とするPR会社です。

HOME > 代表ブログ

代表ブログ

アネティは本日、13周年を迎えました!

2019年3月9日

アネティは本日、設立13周年を迎えました!

この間、五反田で5カ所のオフィスを渡り歩き、少しずつ成長してきました。

大きな資本もなく、たった一人で始めた会社が13年間生き残ってこられたのは、ひとえにクライアントの企業様、支えてくださっているパートナーの皆さま、そして社員・スタッフのみんなのおかげです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

設立日を3月9日=サンキューの日にしたのは、実は偶然だったのですが、今になって思うと毎年この日に感謝しろと、何かの力が働いた結果だと感じます。知り合いの占星術師の方によると、アネティの運勢は私自身の運勢より強いとのこと。今後もしぶとく生き残っていけそうです。

とはいえ、13年の月日はけっこう長い・・・

設立年の2006年のニュースを見ると、トリノ五輪でフィギュアスケートの荒川静香選手が金メダルをとり、その年の「日本新語・流行語大賞」は『イナバウアー』。それってかなり前のこと。

この間に広報PRのスタイルも大きく変わりました。

2006年当時は、まだまだ紙媒体の力が強かった。新聞に社名が大きく入った記事が載ると、お客様も喜んでくれたし、大きな反響もありました。でも今や、電車で新聞を広げている人はほぼ皆無。ネットメディアが台頭し、ニュースはスマホでチェックする時代になりました。

また、情報の伝達経路も、13年前はマスコミを通じた拡散が効果的でしたが、今では自社で運営するオウンドメディアやSNSアカウントからの情報発信のパワーが劇的に大きくなりました。情報拡散には、文字だけでなく、インパクトのある画像や動画が必須になってきました。

当然、私たちの仕事の仕方もフレキシブルに変化していかなければなりません。これまで、クライアント様のご要望に合わせ、様々な分野のプロフェッショナルの方々とタッグを組み対応してきたのが、生き残れた理由だと思っていますが、これからはもっと大きな変化が必要とも感じています。それをこれからの数年で探っていくつもりです。

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

というダーウィンの名言(諸説あり?)を肝に銘じ、20周年まで(あと7年)の間に大きな変化を遂げるべく頑張ります!

グーグルサーチコンソールでわかること!

2018年11月19日

,

2018年も、残すところあと1カ月半となりました。
年末だからといって、1年を振り返る余裕はなく、この時期から大晦日までなんとか一気に走り切る・・というのが、いつものパターンとなっています。

今年もそうなる予感が・・・

そんなときは、目の前の仕事に忙殺され、自身が置かれている状況に目が向けられなくなってしまいます。それが一番危険!

例えば弊社では、主に新規のお客様は、ウェブサイトからのお問合せから始まりご契約に至っています。日々のお問合せに対応することにいっぱいいっぱいになりがちですが、それで自社サイトの現状チェックを怠ると、ある日ぱったりとお問合せが来なくなる可能性もあります。

それを防ぐために活用しているのが、Google Analytics(グーグルアナリティクス)Google Search Console(グーグルサーチコンソール)です。

グーグルアナリティクスとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。
例えば、サイトにどのぐらいの人が訪れたか、どこを経由して訪れたか、今サイトを見ている人は何人か・・・といった情報が得られます。

グーグルサーチコンソールとは、グーグルアナリティクス同様にGoogleが無料で提供している、サイトのパフォーマンスを監視・管理できるツールです。
例えば、サイトに来るときどんなワードで検索したか、ワードごとのクリック数や表示回数はどのぐらいか、モバイル・PC・タブレットのどこから見られているか・・・といった情報が得られます。

詳細に分析するにはある程度の専門知識が必要で、そこは専門のコンサルの方にお任せしていますが、私が理解できる部分だけでも貴重な情報がたくさんあります。
設定もGoogleアカウントを持っていれば簡単にできますので、「まだ見たことがない」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

サイトへの来訪者数が気になるのは当然ですが、私がいつも気にしているのは、「検索キーワード」。実はアネティではこの検索キーワードで面白い現象が起きています。
弊社はPR会社ですので、「プレスリリース」「PR」「PR会社」といったワードが上位にあるのは当然ですが、全く関係のない「展開 意味」「情報展開」といった言葉が入っているのです。これが何か・・と言いますと、原因はこちらのブログです。

2016年5月11日 アネティ代表ブログ 『情報を展開します』は正しい日本語?

どうも、2年半ぐらい前に私が書いたこのブログへのアクセスがとても多くなっているようなのです。内容は、「最近“情報を展開します”という使い方をする人がいて、とても気になる」というものです。実際、Googleで「展開します」と検索すると、私のこのブログが一番上に。きっと、このことが気になっている人が、世の中とっても多いということですね。
国内だけでも相当な数の人がブログを書いていて、普段、私のブログを読みに来る人なんて、ほとんどいないわけですが、こんな風に『ニーズのある内容を書けば、たくさんの人がわざわざ読みに来てくれる』。これが今更ながらインターネットの面白いところだな~と思います。

ビジネスでは、このようにみんなに読みに来てほしいキーワードを盛り込んだコンテンツを自社サイトにアップすることで、問合せや受注獲得につながるわけですね。

世の中の多くの会社が、きれいなデザインで自社サイトをリニューアルすると、それだけで満足してしまって、その後のサイト改善を全くしていないと思います。それでは集客にはつながらない。もし、自社サイトからもお客様の獲得につなげたいなら、グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールを設定して、コンスタントにチェックすることをお勧めします。

アネティを通じてHPを制作されるお客様には完成後のサポートも含めてご提案していますので、もし今後リニューアルをご検討の場合にはご一報ください! アネティHP制作サービス

 

オフィス移転しました!

2018年6月6日

,

アネティ設立から13年目の今年、4度目の引っ越しをしました!

設立時からずっと五反田にいる弊社。今回、当初は五反田から脱出しようと、三田・田町・大門・浜松町あたりまで足を延ばして物件探しをしましたが、やはり五反田の居心地の良さは捨てがたい。

家賃も手ごろだし、山手線・都営浅草線・東急池上線が通りアクセスが良い、羽田空港も新幹線の駅(品川駅)も近い、そしてなんといっても安くて美味しいB級グルメの店が多い!!

それにここ数年、多数のベンチャー企業が流入している五反田は、とても活気が出てきていて、このタイミングで去るのはもったいない。

———————————————
<ベンチャー企業流入参考記事>

五反田ネット系ベンチャー地図(調べるお)

活況に沸く「五反田バレー」、とその次(日経ビジネス)

今最もスタートアップがアツいのは五反田! 「働き方改革」に挑む旬なベンチャー4社(GetNavi web編集部)

今、五反田が熱い!? グルメとベンチャーの街に変身中!!(Anetyブログ)
———————————————

そんなわけで、物件薄の五反田で昨年秋ごろからじっくり探し、やっと5月下旬に移転することができました!

物件探しでは、西新宿の不動産会社・株式会社transista(トランジスタ)さんに、本当にほんとうにお世話になりました!担当の青山さんなしには、この移転は実現しませんでした。感謝の気持ちでいっぱいです!

そして、オフィス移転では、transistaさんからのご紹介のオフィスファシリティサービス・株式会社クリフさんに、またまた大変お世話になりました!ウチのような小さな会社のオフィス移転にも、親身になって様々なサポートをしてくださいました。感謝、感謝です!

多くの方々のサポートを受け、弊社アネティは、西五反田8丁目の「中村屋ビル」に移転いたしました。

私「仲村」が「中村屋ビル」に移転するという、なんともご縁を感じるお引越しとなった今回は、大通りに面した小さなオフィスビル。これまでは静かな住宅街だったので雰囲気は一変、前のオフィスよりは面積もだいぶ広くなりました。

近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ!

移転を機に、心機一転ますますがんばってまいりますので、引き続き、よろしくお願いいたします!!

2018年もよろしくお願いいたします!!

2018年1月4日

今日から仕事はじめの方も多かったと思います。

当社は正式には明日からですが、私は今日が仕事はじめ。
仕事はじめの日は、毎年地元五反田の「雉子神社」にお参りします。

ネットの情報によると金運招福のパワースポットだとか。
私はここにお参りして金運があがった記憶はないのですが、ここで
ひくおみくじの内容が、すごくいつもぴったりくるんです。
そして「大吉」率高し。。

今年は残念ながら「中吉」でしたが、“がんばれば願いが叶う”と
いう内容で、まさに『2018年は頑張る年!』と位置づけている
私&当社アネティにぴったりの結果でした。

昨年から本格的に広報PRにおける『ワンストップサービス』を
スタートしましたが、それによってたくさんのチャンスや、
パートナーさんに恵まれ、多様なお仕事に携わることができました。

広報PRに関連することなら、アネティでできなくても、信頼できる
パートナーと連携し、最大限のサポートをいたします!

今年もさらにパワーアップして全スタッフ一丸となって、
クライアント様のサポートにあたってまいります。

引き続き、よろしくお願いいたします!!

雨の日曜日「MOOC」で「死」を学ぶ!

2017年10月22日

久々のブログ更新になります。

今日は衆議院選挙の投票日ですが、台風21号の影響でひどい雨。午前中に投票に行きましたが、足元がベチャベチャに。投票率も前回を下回りそうですね。

さて、そんな日は自宅でゆっくりと時間を過ごすチャンス。
今日は「MOOC」で「死」について学んでみました。

「MOOC」とはMassive Open Online Coursesの略称で、Web上で誰でも無料で参加可能な、大規模かつオープンな講義のことです。アメリカが発祥で、2012年、スタンフォード大学の教授らが設立したCoursera(コーセラ)やMITとハーバード大学が共同設立したedx(エデックス)が先駆け。そこまで言うと、「あ、聞いたことある!」という方も多いのではないでしょうか。

日本では、2013年に一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(略称JMOOC)が設立され、4つの企業が参加しています。日本での先駆けであるドコモgaccoは、NTTドコモ教育事業の中核子会社として2009年に設立。既に35万人を超える会員数を獲得しているそうです。私は最近まで知らなかったのですが、感度の高い友人・知人に聞いてみたら、結構知っている人が多かったです。

昔から有料のe-learningなどはよくありますが、MOOCの特徴は、大学の授業のような“高品質なコンテンツ”が“無料”で受講できること。私が今日受講した「死」をテーマとした講座は東北大学教養教育院 総長特命教授、東北大学名誉教授によるものです。

コンテンツは、以下の4つのテーマに分かれていて、最後にポイントを理解したかどうか確認するクイズもあります。

第1週:死とは何か?
第2週:死者と生者の接点
第3週:日本人の死生観
第4週:社会変動の中の死の文化

※詳しくはこちら→ memento mori-死を想え-

私は一気に第1週、第2週と2回分を受講。とても興味深い内容でした。
死についてじっくり考えることって、日常的にあまりないですから、とても新鮮です。

日本人って、「無信仰」と言いながら、葬儀は90%超が仏式で行い、70%超が1年に1回以上墓参りをする。それでも「無信仰」なのか?確かに疑問!!

無料ですし、ネットにつながったPCさえあれば、いつでもどこでも受講可能。他にもビジネスの実務や趣味に関連する多彩なメニューがあります。土日にちょっと普段ふれたことのない分野を覗いてみるのはいかがでしょうか!!超オススメです。 ⇒ ドコモgacco 講座

お電話・メールフォームでのお問い合わせはこちら

  • 03-6421-7397 平日10:00~18:00(土日祭日を除く)
  • お問い合わせ

PAGE TOP