Anety

教育・人材・医療・福祉の分野を得意とするPR会社です。

HOME > 代表ブログ

代表ブログ

グローバルPRのキーワードはPESO

2015年10月4日

,

2015-09-30-190101

ウンジュウウンカイ目の誕生日を迎えた9/30の夜は、PR協会のセミナーに出席していました。「グローバルPRの最新事情~ ブランドと企業広報におけるメディアミックスの新手法を探る ~」というテーマで、米PRWeek編集長スティーブ・バレット氏を招いての講演会。

そのキーワードは「PESO」。

日本でも新しいマーケティングの概念として数年前から「トリプルメディア(Paid media、Earned media、Owned media)」が盛んに取り上げられていましたが、そこにShared mediaを加えた4メディアがPESOと呼ばれ、アメリカでは一般的になっているようです。

トリプルメディアの考え方は、Earned Mediaにソーシャルメディアが含まれておりなんとなく違和感があったのですが、PESOでは

———————————————
Paid media=広告
Earned media=PR(パブリシティ活動)
Shared media=ソーシャルメディア
Owned media=自社メディア
———————————————

という区分になっており、すごくしっくりきます。この4つのメディアを組み合わせ、どうアプローチするかが、今のPRに求めらえることになります。

また、バレット氏のお話で印象的だったのは、Owned mediaの事例です。コカ・コーラ社では、2011年から自社のコンテンツサイトを運営しているそうですが、ニューヨークで肥満防止のため炭酸飲料が規制される動きがあった時、その反論記事を自社サイトに掲載することで、多くの共感を得て、ソーシャルメディアでシェアされ、それが様々なメディアでのへの報道に繋がったそうです。

新聞・雑誌・テレビなどの伝統的なメディアだけでなく、ソーシャルメディアや自社メディアが新たなメディアとして力を持つ今、私たちPR会社も、新しい発想でクライアントサポートを行っていかなければならないと思います。

アメリカのPR会社では、デジタルコンテンツの専門部門が設置されたり、広告代理店を買収・新設したりという動きもあるとのことですが、それは日本でもありますね。

弊社でも、大手企業に引けを取らないご提案ができるよう、各分野のスペシャリストとの連携に力を入れています。

ただ、それを統括する担当者は、全てのメディアに関し、知識と理解がなければ、スムーズに動いていきません。バレット氏もこの4メディアに精通した人材を獲得することが鍵と話していましたが、それは本当に重要だと思います。

日々の業務のボリュームも大きいですが、それに追われるだけでなくメンバーみんなが幅広いスキルを磨き続けていかなければ生き残っていけないと、改めて感じました。クライアント様のためにも、頑張っていきたいと思います!!

カンヌライオンズで世界のPRの潮流を知る

2015年8月19日

,

somu

前回のブログ更新日をみたら、なんと2カ月以上も前の6月9日でした。最近すっかりブログを書く頻度が減ってしまいました。その理由の一つは、一時期過去のブログが全部消えてしまうという事件があったこと。結局、そういった問題を解決してくれる業者を見つけ、見事復活しましたが、画像などは再表示されなかったため、かなり地味な文字だけのブログになってしまいました。

もう一つの理由は、アネティのHPをリニューアルしようと準備中だから。前にHPをリニューアルしたのが2010年9月なので、5年ぶりの改訂です。自分でも、もう5年も経っていたのかと驚きます。本当に時間が経つのがあっという間です。

いざ、HPを全面的にリニューアルするとなると、結構大仕事です。ああしたい、こうしたい・・と、いろいろイメージも広がります。が、イメージとともに、かかる費用も広がりますので、したいことを全て実現できるわけでもありません。年内には新しいHPにできるよう、これからスピードアップして準備を進めます。

ということで、久々の更新ですが、今回も連載をさせていただいている「月刊総務」のコラム「総務の引き出し」の9月号の内容をご紹介したいと思います。

9月号では、今年6月に行われた「第62回カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」について書きました。カンヌライオンズは、世界最大級のクリエイティブの祭典で、マーケティングやコミュニケーションの活動の中から優秀作品を選ぶアワードの他、セミナーやワークショップが行われ、世界中からクリエーターやそのクライアントたちが集まる一大イベントです。

PR部門はまだ新しく、今年でまだ7年目ですが、毎年ここような作品が受賞するかで、世界のPRの潮流がわかります。詳しくはぜひ実際の記事でご確認ください!※近々アネティHP上でも公開予定です。

昨年にも負けないくらいの猛暑だった2015年の夏も、そろそろ後半。夏が終わると一気に年末が近づいてきます。夏バテなどしている暇はありません。十分な栄養と水分をとり、夏の疲れがでないよう、気を付けましょう!!

広がる!動画を使った広報PR

2015年6月9日

,

長らく中断していたブログを再開します。実は、一時的にブログのデータが全て消えてしまったんです。ですが、こういうものを見事に復活させてくれる会社があるんですね。二度と戻らないと思っていたデータが、ほとんどそのまま復活しました!!

6月8日(月)発売の「月刊総務 7月号」では、動画に関する記事を書きました。

soumu

スマホユーザーが劇的に増え、でいつでもどこでも気軽に動画を見たり、撮ったりすることができる時代になりました。FacebookなどのSNSでも、動画の投稿がどんどん増えていますね。動画は、文字と写真だけでは伝えられなかったことを、的確に伝えてくれます。また、どこかで待ち時間が出てきたときにも、スマホデ映画やドラマを見て過ごせばイライラすることもありません。テレビCMより、YouTubeでどんどんモノが売れているというケースも出てきています。

弊社でも、動画の活用を積極的にご提案していく予定ですが、第一弾としてある時計メーカー様のブランドムービーを創らせていただきました。

この時代、広報PRに、動画を使わない手はありません。使い方がわかりにくい商品も動画で効果的に説明することができます。例えば、株式会社ニット―というプレス金型などを製造する会社が作ったiPhoneケースのユニークな紹介動画は、なんと64万回以上アクセスされています。

このニット―のケースは、ビジネスジャーナルに詳しい記事が載っています。こんな風に、“想定外”のヒットにもつながる動画。戦略的に活用し、広報PRの効果をアップさせていきたいですね。

謹賀新年

2015年1月1日

,

====================================
新年明けましておめでとうございます!
====================================

アネティにとって今年は設立10年目に入る節目の年となります。

これまでの9年間、弊社はお客様の信頼を獲得すべく、誠実できめ細かく、丁寧な仕事を心がけてまいりました。多くのお客様に、長期にわたり広報PRのお手伝いをさせていただいていることは、その姿勢への評価をいただいた結果と自負しております。が、それと同時にまだまだ足りないとも思っております。

2015年は、これまでの仕事への姿勢は保ちつつ、更に専門知識を深め、成果へのこだわりを持ち、ワンランク高いレベルのコンサルティングができるよう、社員一同励んでまいります。

多面的な広報PRを展開していただけるよう、外部パートナーとのコラボを積極化し、新たな手法をご提案していきたいと考えております。

10周年を迎える2016年までに、もう一回り成長した姿をお見せできますよう、Challenge for Change の精神でがんばってまいりますので、今年も一年、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2014年もあと少し!!

2014年も営業日で言うとあとたった7日で終わりです!

この年末年始は、12/26仕事納め、1/5仕事始めで9連休にしている会社多いですね。クライアント様もこのパターンが多いので、弊社も9連休にしました。9連休とはいっても、年末は何かと忙しくてバタバタしがち。実際にゆっくりできるのは、やっぱり年が明けてからの4日間になりそうです。

==========
さてさて、隔月で連載している『月刊総務』のコラム「総務の引き出し」ですが、1月号は「記者会見を成功に導く11の事前準備」という内容です。

記者会見というと、大手企業が有名人を起用して華々しく新商品を発表しているような、そんなイメージがあるかもしれませんが、実際にはそんな大がかりなものでなくても内容が伴っていれば、多くのメディアに参加していただき露出につなげることができます。まだ記者発表をしたことがない企業様もぜひチャレンジを!
==========

最近、ホテルでの勉強会、打合せ、会食などが続きましたが、どこもクリスマスツリーがきれいです。

そんな中、ちょっと話題になっているのが、京都水族館の 「オオサンショウウオぬいぐるみツリー」です。かなりグロテスクな感じ。でも、すごいインパクトです。やはり、話題にしてもらうためには、インパクトが必要です。そして、ちゃんと水族館のアピールにもなっている。京都水族館、なかなか広報PRがお上手ですね!京都観光というと、お寺や神社や祇園の町などしかイメージできませんでしたが、次回はこの水族館に行ってみたくなりました!

お電話・メールフォームでのお問い合わせはこちら

  • 03-6421-7397 平日10:00~18:00(土日祭日を除く)
  • お問い合わせ

PAGE TOP