Anety

教育・人材・医療・福祉の分野を得意とするPR会社です。

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

11月10日はエレベーターの日。

2015年11月10日

433c430affee9d04dc1892cc2b76b84e_m2.thumbnail

今日地下鉄に乗っていると、11月10日はエレベーターの日という広告を見かけました。「なぜ11月10日?」と思ったので早速調べてみると、日本エレベーター協会のHPに記念日の由来が記載されていました。

11 月 10 日「エレベーターの日」について

日本初の電動式エレベーターは、1890 年(明治 23 年)11 月 10 日、東京・浅草 に完成した 12 階建ての展望塔「凌雲閣(りょううんかく)」に設置されました。 この 11 月 10 日を、当協会では 1979 年に「エレベーターの日」と定めました。

という理由からだそうです。

(残念ながらこの日本初のエレベーターが設置された凌雲閣は関東大震災のときに半壊してしまい、その後すぐに取り壊されてしまったそうです。)

今日の「エレベーターの日」のように、あまり知られていないであろう日もたくさんありますが、記念日は企業のPRや広報を行う際に有効に使うこともできます。新しい記念日を自ら申請することもできますので、詳しくは日本記念日協会のHPをご覧ください。

また明日の11月11日は「ポッキー&プリッツの日」で有名ですが、実は「介護の日」でもあり、はたまた「チンアナゴの日」でもあるそうです(その他、多数の記念日あり)。気になった方はぜひ調べてみては?

スギヤマ

「いいね!」数、圧倒的1位はテレビ東京『WBS』

2015年7月21日

はじめまして。昨年からアネティで勤務しています杉山です。
しばらく社員ブログをお休みしていましたので、今回が初投稿になります。
まだまだ駆け出しの新人ですが、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

さて本題に移りますが、先日、日本PR協会が主催するセミナーに行ってまいりました。今回は「テレビ東京の報道番組について」がテーマだったのですが、テレビ東京の報道番組といえば、やはり『ワールドビジネスサテライト(WBS)』ですよね。そんな『WBS』の人気コーナー「トレンドたまご(トレたま)」は1998年4月から放送が開始され、今年の4月で放送回数がなんと4000回を突破したそうです!

コチラにトレたま4000回放送記念の特設ページがありますので、是非チェックしてみてください。キャンペーン期間は終了していますが、歴代のトレたまキャスターが選ぶおすすめトレたまの動画が見られます!
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/toretama4000/

また『WBS』はテレビの報道番組の中でFacebookファン数が1位ということだったので、各局の人気報道番組のファン数を調べてみました。

■Facebook「いいね!」数(2015.7.17時点)
WBS …276,746
NEWS ZERO …167,391
めざましテレビ …78,564
NEWS23 …5,819
---------------------
報道ステーション …87,358(※公式FBページがないのでTwitterのフォロワー数です)

WBSが圧倒的1位のようです!

今や10代の若者の80%以上がテレビを見ながらスマートフォンを操作しているという面白い調査もあります。(博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査・2014」レポート 2014.6)

そうした結果からも番組側は、テレビを通じて情報を流すだけではなく、SNS等のテレビ以外のツールを駆使して、視聴者を引き付けるための施策が重要といえますね。

スギヤマ

日経企業報道部

2015年5月27日

先日、PR関連のセミナーにて、日本経済新聞 企業報道部についての話を聞いてきました。

改めて「企業報道部」について説明しますと・・・
「企業報道部」は2014年3月にできた新しい部署で、名前の通り企業活動を報道するため、広報担当者が接することの多い部署です。(日経にはその他、経済部・商品部・証券部などでも企業ニュースを扱います)

2014年2月までは、日経産業新聞は「産業部」、日経MJは「消費産業部」と分かれていましたが、企業報道部では、日経本紙・日経産業新聞・日経MJ・電子版など、媒体を問わず記事を書きます。複数の取材グループがあり、担当は主に業界ごとに分かれています。

企業報道部ができた理由は様々あるそうですが、「コンテンツの融通」や「取材視点の多角化」などを挙げられていました。セミナーではないですが、記者の方から「いつ、どの媒体に掲載されるとよい情報か」ご配慮や「電子版なら書けるかもしれない」などご意見をいただいたこともあり、これまで以上に柔軟な取材をされている印象がしています。(記者の方からすれば、取材して記事にする際に検討される普通のステップでしょうが…)

また、最近日経本紙の企業面も「企業総合面」「企業・消費面」「企業面」に変わり、よりよい紙面構成の検討は常にしているそうです。広報担当者も、今まで以上に各媒体の特徴を理解し、「この情報は、どういう視点でニュースバリューがあるか?どの媒体に向いたネタか?」と考え、記者の方と円滑なコミュニケーションをとらなくてはと改めて思いました。

ちなみに、ニュースバリューとは、「今日性」、「どこまで今日のマクロな事象と結びついているか」、「ストーリーづくり」とのこと。

日々のPR活動に活かさなくては。

[okazaki]

新聞の見出し記録

2015年1月15日

遅ればせながら、新年1回目の投稿です。明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回は新年らしく、今年から始めたことについて書きたいと思います。実は、何年も前にある先生から「毎日の出来事を記録につけておくといい」と言われて以来、日記を付けることを習慣にしています。日記と言っても毎日数行で大したことは書かないのですが…。ときどき振り返ると、考えさせられるものがあります。

先日新聞の投稿欄を読んでいると、日記を長くつけられている方の投稿がありました。その方は日記に、日々の出来事にプラスして「新聞の見出し」も記録しているとのこと。新聞はもちろんいつも読んでいますが、数日前に何が載っていたかは忘れてしまうもの。

世の中で何があったかを振り返ることができるのはいいことと思い、今年から実践してみました。まだ10日余り。1ヵ月続けば習慣化すると信じ、コツコツ続けています。PRに携わる者としては、短くわかりやすい表現を書きながら学べていいかもしれません。

[okazaki]

来年の準備

2014年12月16日

東京もとても寒くなり、本日ダウンコートデビューしました。今年の営業日もあと2週間弱。毎年、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」とハラハラし始める時期でもあります。

メディアの方も普段以上に忙しい時期です。月刊誌の方に話を聞くと、もう春発売号の準備を始めているのにはいつも驚きます。

広報PRの仕事も、情報発信の時期に合わせたニュースを提供できるよう、先のことを考える機会があります。

今日もある案件について、社内会議でバレンタインなど来年の行事の話をしていたのですが、なかなかパッと新しい考えに切り替わりません。目の前の仕事に取り組みつつ、来年に向けた情報収集をせねばと実感しました。

[okazaki]

お電話・メールフォームでのお問い合わせはこちら

  • 03-6421-7397 平日10:00~18:00(土日祭日を除く)
  • お問い合わせ

PAGE TOP