Anety

教育・人材・医療・福祉の分野を得意とするPR会社です。

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

沈黙はもう金ではない。

2017年2月3日

 

US大統領に選出されたトランプ氏が、議会を招集する前に「大統領令」を連発して、US国内だけでなく日本のニュースまでも賑わわせています。

政治経験なく突如大国のトップに躍り出た氏としては、これまでの議会の慣習など、悪弊にしか思えないのでしょう。

しかしながら、「大統領令」は国民の代表が集まる議会での討論もなしに発することが出来る特殊な政令であり、いわば“禁じ手”。それを連日得意顔で発している姿は、あたかも「特権を手にしたガキ大将」に見えてしまいます。

また、トランプ氏を支持した中西部各州や五大湖周辺のラストベルト(錆びた工業地帯)の住民たちは「雇用が戻るだろう」「政治が庶民のものになる」と喜んでいるかもしれませんが、どうもトランプ氏の周囲にいる人々を見ると、おしなべて多国籍巨大企業の幹部やタカ派の元軍人ばかりが目立ちます。

特にこれまで「富裕層をより豊かに」して来た張本人の金融業界出身者も多く、氏に投票した人々を豊かにするための政治が本当に出来るのかどうか、疑わしさも感じます(例えば、就任してすぐに「オバマケア」と呼ばれるユニバーサル医療保険制度を廃止しましたが、トランプ氏や周辺はそもそも高級な医療保険に入っていた人たちで、オバマケアの享受者ではありません)。

そしてトランプ氏は、とうとう特定の国からUSに入国することも禁止してしまいました。

氏はメキシコへの工場移転阻止などで就任前から企業活動に対しても注文を付けてきましたが、この「人の移動」を国籍によって差別することに、有能な移民を取り込むことで成長してきたIT産業を中心とした数々の企業も様々な方法で反対意見を述べ始めたことに、感心しました。

そんな中、net検索大手のGoogleは、USでの自社サイトの「記念日ロゴ」に、日系社会運動家の故フレッド・コレマツ氏のイラストを掲げました。

コレマツ氏は第二次大戦中に日系人に対して行われた強制収容政策に戦中から戦後まで一貫して反対した人権活動家で、その息の長い活動が実り、US議会から日系人の名誉回復と謝罪、そして補償を勝ち取った中心人物のひとり。そしてUS民間人として最高位に当たる「大統領自由勲章」も授与されている偉人とのことです。

 

この件を多くのメディアが報じています(20170203現在)。

http://www.cnn.co.jp/tech/35095826-2.html

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/31/japanese-american-prison-camp-lessons-trump-order_n_14535182.html

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12776968.html?rm=150

http://mainichi.jp/articles/20170131/dde/041/030/035000c

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/article/305203

 

企業は往々にして、政策決定にコミットできるとの思惑から時の政府におもねる傾向にありますが、政府の動きが社会正義に反すると考えれば、言動や行動で姿勢を示すことは可能だと思います。様々な問題が渦巻き、目まぐるしく変化する現代においては、必ずしも「沈黙は金」ではないのではないしょうか。

一企業たるGoogleは、トランプ大統領による「特定国籍に限った入国禁止令」署名の日に、フレッド・コレマツ氏を讃えることで、企業メッセージを発したのだと思います。

 

コレマツ氏は生前こう言われたそうです。

[If you have the feeling that something is wrong don’t be afraid to speak up.]

 

[KODAMA]

2016年、最も満足度の高い映画ランキング1位は…?

2016年12月28日

もう少しでお正月ですね。

みなさん、大掃除は済ませましたか?
あるランキングによると、本日28日にやるというかたが一番多いそうです。
仕事納めの方が多いことが、影響しているのでしょうか?

さて、気になる映画ランキングの話題ですが、
映画レビューサービスの「Filmarks(フィルマークス)」が、
サービス内のデータに基づいて算出した、2016年劇場上映映画の「満足度ランキング」を発表していました。

今年は『シンゴジラ』『君の名は。』など邦画の話題作が目白押しでしたが、
なんと1位はそれらをおさえ『この世界の片隅に』が選ばれました!

まだ観ていない方は必見ですので、ぜひ劇場でご覧ください!

公式サイト:http://konosekai.jp/

またこの映画は、クラウドファンディングを活用して映画化を実現しました。
この成功により、こういった支援を利用してつくられる映画が増えていくのかもしれません。
『この世界の片隅に』では、ある一定金額以上支援した方の名前が、エンドロールにクレジットされています。

自分も作り手の一員になれたようで、すごくうれしいですよね。

ちなみに個人的な満足度ランキングでは、本家で5位にランクインしている『怒り』が一番でした。

 
[スギヤマ]

トレンド調査に役立つ!無料ツール・サイト5選

2016年11月15日

%e7%84%a1%e9%a1%8c

広報・PRの仕事をしていると、世の中のトレンドについて情報収集をする機会が多くあります。

PRパーソンたるもの、常にトレンドには敏感でいたいものです。

今回はそんなトレンド調査をするときにピッタリな無料で使えるツールとまとめサイトをご紹介します。

 

①Googleトレンド

https://www.google.co.jp/trends/

 

トレンド調査ツールの定番といえば「Googleトレンド」ですよね。

Googleの膨大な検索データから、キーワードの検索ボリュームの変化などを知ることができます。

一つのキーワードではなく、複数(4つまで)での入力もできるので、それぞれの検索ボリュームの変化を比較することも可能です。

またキーワードのトレンドを調べるだけではなく、いまYoutubeで人気の動画ランキングや年間の検索ワードランキングも見ることもできます。

あまり知られていないところで、気になるキーワードを登録して関連するコンテンツや情報をまとめてメール配信(週1or月1)する機能もあります。

 

②Yahoo!リアルタイム検索

http://search.yahoo.co.jp/realtime

 

こちらも定番のツールですが、キーワードを含んだTwitterやFacebookの投稿をリアルタイムで知ることができます。

画像を含んだ投稿のみに限定する機能や、期間ごとの投稿件数をグラフで表示してくれる機能があったりと使い勝手がとてもよいです。

とくに商品やサービスをリリースした直後の反応をみるにはぴったりのツールです。

 

③新聞トレンド

http://ntrend.nikkei.co.jp/

 

「日経テレコン」を運営している、日本経済新聞デジタルメディアが開発しているツールです。

調べたいキーワードを入力するだけで、全国80紙、過去5年分の記事に掲載された件数をチェックすることができます。

さらに自動できれいにグラフ化してくれるので、資料作成する際などにも重宝します。

 

④ついっぷるトレンド

http://tr.twipple.jp/

 

いまTwitter上で話題になっていることをまとめたサイトです。

画像、動画、ニュース、エンタメなどカテゴリー別にTwitter上でいま話題になっていることを調査できます。

なお期間や日時を指定した検索も可能です。

 

⑤2NN.JP

http://www.2nn.jp/

 

こちらは2ちゃんねる内で話題になっているニュースをリアルタイムで知ることのできるサイトです。

ホットワード一覧もあるので気になるワードに関連した2ちゃんねるの情報もすぐに検索することができます。

もちろん調べたいキーワードでの検索も可能です。

 

以上、トレンド調査に便利なツールとまとめサイトをご紹介しました。

ぜひ、日々の情報収集にご活用ください!

 

 

[スギヤマ]

高校生のスマホ利用

2016年9月27日

以前にもブログに書いた記憶がありますが、教育関連のクライアントを担当させていただいていることもあり、中高生や大学生の流行や情報への接し方については、チェックするようにしています。

先日、リサーチ機関のMMD研究所から「高校生のスマートフォン利用実態調査」が発表されました。

調査結果によると、高校生のスマートフォン所有率は93.0%で、そのうち7割以上がiPhoneユーザー。主にしていることは、「LINE」「インターネット検索」「音楽を聴く」「動画をみる」「写真を撮る」など。
iPhoneユーザーの多さはすごいですね。使用方法は上位の項目だけみると大人とあまり変わらない印象もしますが、利用頻度や内容が全く違うのだろうなと思います。

また、90.0%の高校生が「スマホを勉強に活用したことがある」そうで、主な活用方法は「勉強でわからないことをインターネットで調べる」「わからないところを友達や知人にLINEで聞く」「アプリを使う」なんだとか。電子辞書が最新機器だった世代からすると、勉強方法の選択肢が多いのは羨ましい限りです。

その他にも同調査では、「学校でのスマートフォン・携帯電話に関する校則」「ITリテラシー」「SNSや金銭に関するトラブル」といった質問も。

世代が離れていくほど頭に「??」がよぎりますが、コツコツ情報収集していきます。

[okazaki]

30周年

2016年9月1日

富士フイルムの「写ルンです」が今年で30周年を迎えたそうです。

デジカメの普及、さらにはスマホで写真を撮ることが当たり前になったいまでは、インスタントカメラを見かけることは少なくなりました。

それでも逆にインスタントカメラならではの味や、現像するまでどんなふうに撮れているかわからないワクワク感などを求め、若者の間でちょっとしたブームになっているようです。

確かに自分自身もインスタントカメラを使うことは全くなくなっていたので、今度機会があれば買ってみようかと思います。

街で「カメラ撮ってもらえますか?」と言ってインスタントカメラを渡したら、少しザワつきそうですね。

 

発売から30年を迎えてもなお愛されているということはすごいことですよね。そもそも30年残っているだけでもすごいです。

人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」も今年30周年だそうです。

「ドラクエ」は子どものころによくやりました。いまでも新しいシリーズが発売されるときはニュースになりますね。30周年を記念した『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』も話題になりました。

また世界最大の田んぼアートとしてギネス記録に認定された埼玉県・行田市の田んぼで、今年は「ドラクエ」の30周年を祝う絵柄が採用されています!

 

来年はどんなものが30周年を迎えるのでしょうか…

 

 

埼玉県・行田市出身 スギヤマ

1 / 712345...Last »

お電話・メールフォームでのお問い合わせはこちら

  • 03-6421-7397 平日10:00~18:00(土日祭日を除く)
  • お問い合わせ

PAGE TOP